So-net無料ブログ作成
検索選択

MDR-CD900ST [audio]

 MDR-CD900ST

 結局、ヘッドホンで、私の定番に来るのは MDR-CD900ST 。

 ゼンハイザー(Sennheiser) HD650 と HD580 も試してみたしうちの中に転がっているけれども、出番は MDR-CD900ST が一番多い。

 その理由は、楽器やvocalが心に響いたり、たましいにグッとくることが多いからと答えたい。他の人がどうなのかわからないが、私にとってそうだということだ。

 HD650 は MDR-CD900ST とくらべると、見晴らしがよく、楽器編成が多少多くても聴き分けやすくなるし、音場もかなり広がる。なのだけれども、薄いベールの向こうに音が広がる感じ。

 MDR-CD900ST だと、いくつかの楽器の音が、団子のようになって聞き分けづらかったりもする。そうだけれども、もともと、少ない楽器編成で、他の人が演奏しているのを MDR-CD900ST で聴きながら、自分のパートを歌ったり演奏したりするためにつくられているので、「ああ、このヘッドフォンって、ギターやベース、キーボードの強弱やニュアンス、、、各パートを担当している人の意図が伝わってくるんだ」。私には、そう思えた。他のいくつかのヘッドフォンやかなりグレードが高いアンプ+スピーカーなどを聴いた後での私の感想だ。
 
 プロの現場の道具でもある MDR-CD900ST。そういう機材なので、あえて、とがった音が出ないようにしてあるのかもしれない。その関係もあると思えるが、もっと魅力的に、vocal やヴァイオリンが艶やかに伸びたりする機種も多いのだと思う。
 しかし、他の人はどうかわからないが、上記のように、各パートの演奏感がかなり感じられるので、少なくとも私には、それら演奏者の心の動きなどが伝わってきて、「ぐっ」ときてしまうのではないかと感じる。
 
 MDR-CD900ST のケーブル末端は、ステレオ標準プラグになっている。ポータブルオーディオと一緒に使うときには、GRADO(グラド) 標準→ミニプラグ変換ケーブルなどをおすすめしたい。金属ボディの変換プラグをつかうと、少しの力がかかっただけで、オーディオプレイヤーのミニステレオプラグの差込口を痛めてしまうからだ。



   

 並行輸入品は、正規代理店のサポートが受けられないと考えられる。



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。